理事長あいさつ

当院は昭和4年に開院し、以来この地にあって地域とともに歩んでまもなく90年を迎えます。この間、幾多の医療行政の変遷があり、4度の新改築を重ね平成13年6月現病院を新築しました。

 これは、当院を利用して下さる患者様の療養環境の改善、リハビリテーション設備の拡充を目指したもので、平成20年11月に回復期リハビリテーション病棟を整備することができました。

 現在、当院はこの回復期リハビリテーション病棟と療養病棟をもち、発病後、早期のリハビリテーションを重点的に実施し、在宅に復帰していただくことを目的としております。さらに療養病棟は医療処置が必要な慢性疾患の患者様が十分な介護と看護をうけながら長期に療養する為の病床としております。

 

 病棟部門に従事する職員は、リハビリテーション・看護・介護・栄養管理の専門職スタッフの他に患者様の諸々の要望に対応するスタッフが、各々のスキルを生かして入院患者様の療養生活を支援させていただきながら、働く意欲を持ちスキルアップできる職場づくりを目指しております。

 また、外来部門は一般内科を中心に、循環器・消化器・肝臓疾患・呼吸器・リウマチ・膠原病・糖尿病・内分泌疾患・脳神経・リハビリテーション等の専門知識があり、十分な経験を持った医師が診療にあたっております。

 さらに、高度の検査治療が必要な方は、香川大学病院をはじめとして各々高度医療の可能な病院との連携も密にとっており、安心して診療が受けていただける体制を整えています。

 

 当院を利用して下さる患者様の在宅生活を支えるために、医療の提供とともに介護にも力を注ぎ、通所リハビリ・認知症対応型デイサービスを併設し、身体面・精神面での機能訓練を実施しています。

 さらに、介護に関する全般的な要望に応じる部門として、居宅介護支援事業所を置き、ケアマネージャーによる在宅生活を継続するための支援をさせていただいております。

 

 今後も医療と介護を両輪として地域に密着し、地域の皆様の要望に応じられる病院として歩んでまいります。

理事長  吉田 佐知子