沿革

  • 昭和4年(1929年)4月

故 吉田 美寿利、丸亀市宗古町15番地において

「吉田外科病院」開院。

  • 昭和25年(1950年)11月

医療法人仁寿会設立。初代理事長に吉田 美寿利

「医療法人仁寿会吉田病院」に改名。

  • 昭和33年(1958年)

理事長・院長 吉田 美寿利、”黄綬褒賞”賜る。

  • 昭和35年(1960年)

医学博士 吉田 堯運、院長就任。

  • 昭和41年~43年

病院新築工事。

  • 昭和55年(1980年)

院長 吉田 堯運、二代理事長就任。

病院増改築工事。

  • 平成元年(1989年)

現理事長 吉田 佐知子就任。

  • 平成4年(1992年)

医学博士 石橋 健、院長就任。

  • 平成11年(1999年)

居宅介護支援事業所

「ことぶきケアマネジメントセンター」併設。

  • 平成13年(2001年)

丸亀市宗古町5番地に新病院完成。

通所リハビリテーション「吉田病院ケアセンター」併設。

  • 平成16年(2004年)

丸亀市宗古町16番地において

「ケアハウス天宝苑」開設。

訪問介護「天宝苑ヘルパーステーション」併設。

通所介護「天宝苑デイサービスセンター」併設。

  • 平成18年(2006年)

通所介護を認知症対応型通所介護に変更。

  • 平成20年(2008年)

回復期リハビリテーション病床(20床)開始。

  • 平成25年(2013年)
    4月より 日本認知症学会 および 日本老年精神医学会 教育施設に認定。
    認知症専門外来開始。
  • 平成28年(2016年)
    リハビリに特化した超短時間通所リハビリ(Cコース)開始。
    回復期リハビリテーション病棟を30床、療養病棟を32床に変更。