居宅介護支援事業所とは?

介護保険でサービスを利用するためには

「ケアプラン」が必要となります。「ケアプラン」とは、

あらかじめどの様なサービスをどの様な形で

どれくらい使うかといった利用計画書の事です。

計画書作成はケアマネージャーの仕事のひとつで、

居宅介護支援事業所とは、ケアマネージャーを配置して、サービス提供事業者

との連絡や調整を行う都道府県の指定を受けた事業所です。

ことぶきケアマネジメントセンターについて

介護保険にかかわる色々な疑問・ご要望にお答えします。

「介護保険のことを詳しく知りたい…」

「どうやって利用したらいいの??」

そんな時は、ご相談ください。

私たちは、ご利用者本意で納得のできるケアプランを作成いたします。

必要とするサービスを厳選し、納得のいくプランを共に考えます。

当事業所のケアマネージャーは、多彩な分野に資格を持っており、皆様の多様なご相談にも応じることが出来ます。

サービス開始後も、継続的に本人様、市町村、サービス提供事業者などと連絡・調整を行います。

 

要介護・要支援認定の申請代行およびケアプランの作成の手数料は無料です。(介護保険より支払われます)

 

介護保険サービスの利用のしかた

1.要介護認定の申請

介護サービスを利用するためには、市区町村の担当窓口に要介護認定の申請を行います。

本人様、またはご家族様が申請に行けない場合は、当事業所にて申請の代行や、主治医意見書などの書類手続きの代行が可能です。

 

2.訪問調査と審査

心身の状態を調べるために、市区町村の職員などが訪問して聞き取り調査を行います。

 

3.認定結果の通知

認定調査の審査結果にもとづいて「非該当」「要支援1.2」「要介護1~5」までの区分に分けて認定し、結果が市区町村から通知されます。

 

4.ケアプラン作成

どのようなサービスをどのくらい利用するか、本人様と相談しながら介護サービス計画や介護予防サービス計画を作ります。

 

5.サービスの開始

介護(介護予防)サービス計画にもとづいて、在宅や施設でのサービスが利用できます。

 

 

介護保険にかかわる疑問・ご要望にお答えします。

 

まずはご相談ください。

 

 

電話番号 0877-22-8101

(吉田病院と同じ番号です)